情報処理学会AVM研究会で招待講演

2019年9月20日に,情報処理学会のAVM研究会で「非線形構造制約付き大規模機械学習問題への取り組み 〜 非厳密リーマン多様体最適化の理論と応用 〜」というタイトルで招待講演をしました.機械学習最難関トップ会議ICML/NeurIPSの最新動向に概観し,ビッグデータを対象とした機械学習及び最適化(特に勾配法の基本)における課題について説明しました.その後,位相多様体とリーマン多様体の基本について説明しました.そして,リーマン多様体最適化の基本的概念・原理について説明し,ICML/NeurIPSにおける研究成果の概要について紹介しました.想定していたよりも多くの質問が出て,一部の方には興味を持って頂いたようで良かったです.この講演が,電通大での最後の仕事となりました.

201909_AVM_Intro