プロジェクト研究Bの3年生2名が電子情報通信学会総合大会に投稿

3月16日から19日に広島大学で開催される電子情報通信学会・総合大会で,2件の研究発表を行います.

いずれも,2019年10月から2020年2月までの半年間の「プロジェクト研究B」で3年生が実施した研究成果の発表です.セッションは「D-20. 情報論的学習理論と機械学習」でタイトルは以下の通りです.

  • D-20-16:マルチビュー対称テンソルのための複数ビュー間構造を考慮したCP分解 (方 鐘熙,笠井 裕之)
  • D-20-18:スパース・シンプレックス射影によるWasserstein k-means法高速化の一検討 (福永 拓海,笠井 裕之)