Q&A for Lab life

previous arrow
next arrow
Slider

 研究室選びは大学選びと同じくらいかそれ以上に大切です.今後の人生を大きく左右するイベントといっても過言ではありません.研究室には短くて1年,修士課程に進学する場合3年,在籍することになります.自分の考え方やスタイルと合わない環境に3年間も居続けるのことは不幸です.
 まずは自分と向き合い,将来の夢やキャリアプラン,価値観,ライフプラン等について考えてみてください.また,研究生活については,趣味など自分の時間を充実させながら卒論・修論をなんとか完成させたい学生,他の大学院に行くための大学院入試を控え,研究はそこそこで良いと考えている学生,あるいは過酷な環境に自分を追い込んで自分の価値を高めたい学生,博士課程への進学を考えている学生もいるはずです.自分自身の研究(生活)のゴールを良く見極めてください.
 次に,研究室の情報を調べてください.研究室のWebページや教員の活動Webページ,研究業績などが参考になると思います.ですが,Webページは量・質ともに十分ではありません.研究室を訪問して,最新の研究テーマや,研究スタイル,研究環境,先輩学生について,良く見てみてください.
 また.指導教員となる教員と話をすることが重要です.指導教員とは長い付き合いになるので,ウマが合わない教員の研究室を選んでしまうと後悔することになります.また,教員との相性は個人差があるので,自分自身にしか分からないことがあります.Webページや講義の様子だけで判断することは危険です.ですので,研究室訪問をして指導教員と一対一で話してみてください.さらに,教員以外の研究室の学生に,教員の人格や研究スタイルについて聞いてみることをぜひお勧めします.
 最後に,研究テーマについてですが,当然重要です.モティベーションを左右し,その成果にまで及ぶからです.ですが,これは二の次で良いかもしれません.卒業して進学する場合でも,企業に就職する場合でも,学部・修士の学生の時と同じ研究をする可能性は高くないと思います.また,研究のトピックはどんどん進化して行きます.ですので,むしろ,研究生活は,研究室のスタイルや研究環境,教員との相性を重視したほうが良いと思います.自分の興味ある分野の視野を少し広げて,自分に合う研究室を探すのが良いと思います.

以下に,本研究室の研究生活等について記しますが,ぜひ研究室に来て,教員や学生と話をすることをお勧めします.

研究室を選ぶ前に

Q: 研究室に入るためには,どのような知識や能力を身につけておく必要がありますか?

A: 大学3年生までに学ぶ大学教養課程の数学,特に線形代数及び微分積分,ある程度の英文を読む能力,一つ以上のプログラミグ言語による開発能力,を身につけておくことが望ましいです.

  • 数学,特に,線形代数,微分積分,確率・統計については,教養課程で学んだ内容が必要です.
  • 研究を進めるためには,沢山の英語の論文を読むことが必要となりますので,一定程度の長さ・品質の英文が「ある程度」読めることが望ましいです.
  • プログラミグ(MATLAB/Python/R/C/C++等のいずれか一つ以上)能力を身につけておくことが望ましいです.

Q: どのような学生が合っていますか?

A: 一言で整理することは難しいのですが,例えば...

  • どの研究室にも共通していると思いますが,研究の推進にあたっては「自主性・自律性」が重要です.また「自己管理力」も必要となります.そのような能力を持っている学生は,問題なく研究を進めていけると思います.
  • 上記に加えて「例えば」ですが,以下のような学生にあっていると思います.
    • 数学,特に,線形代数,微分積分,幾何が得意,好きな学生
    • 計算機が苦手で,鉛筆とノートだけで研究を進めたい学生
    • 証明を書きたい学生,証明を読むことが好きな学生
    • 数値計算・解析シミュレーションが得意(好き)な学生
    • 実験結果のデータを眺めるのが好きな学生
    • アルゴリズムを考えることが好きな学生
    • 固有値(計算)が好きな学生
    • 行列(計算)が好きな学生
    • 空間が好きな学生
    • 統計が好きな学生
    • 最適化や機械学習に関わるアルゴリズムのソフトウェア開発・オープンソース化に興味がある学生
  • 一方,以下のような学生には,合っていないかもしれません
    • モノ作り(アプリケーション/ハードウェア/システム設計・開発)を精力的に進めたい学生

Q: 研究室では何を身につけることができますか?

A: エンジニアにとって必要な数学的基礎力,機械学習や最適化,データ解析に必要な基礎知識,それらを扱うためのプログラミング能力,が身につくと思います.

研究するテーマにより異なりますし,また大学の学部・大学院で自身が取り組む研究テーマは決して広くはありません.ですので,上記に述べた幅広い分野の専門知識やスキルを数年で習得することは難しいと思います.しかしながら,自分の研究テーマに密接にかかわる技術,アルゴリズム,理論,またそれに必要な数学的知識,またコンピュータ・シミュレーションによる評価実験のためのプログラミング能力は,一通り身につくはずです.また,研究室内で実施する複数のゼミを通して,自身の研究テーマに限らない幅広い知識を得ることできると思います.「たしか,○○○については大学の研究室のゼミで聞いたことがあるなあ..」ということが,社会に入ってから重要だったりします.それを期待しています.

研究室生活一般について

Q: タイムカードを使用しているという噂を聞きました.目的は何でしょうか?

A: 学生は,研究室に来た時刻と帰る時刻を記録することを勧めています.記録の目的は,規則正しく研究生活を送るために研究生活のリズムを自身で管理するためです.(予定)

  • 研究室生活は講義とは異なり,基本的に「自由」です.そのため強い「自律性」が求められます.
  • 研究はテスト勉強とは違いますので,1週間や1日で結果がでるものではありません.
  • 一定の成果を得るには,少なくとも数ヶ月が必要です
  • 予定と自分の処理能力を考慮して,計画性を持って,毎日コツコツと作業を進めることを勧めます.
  • ここで,規則正しく研究生活を送るために「研究室在室予定表」と「タイムカード」が役に立ちます.
  • 研究室在室予定表は,各期で自分自身で作成して頂きます.そして,その予定表に従って,研究室に来るようにします.あくまで予定ですので完全に守ることは難しいですが,研究を進める上で良いペースメーカになると思います.タイムカードと照らし合わせながら振り返りができます.
  • また,他の人に在室予定が共有されていると,研究や作業,研究室内業務,突発的な打ち合わせ等の効率的な実施・協調が可能となります.

ぜひ活用することをお勧めします.

Q: 1年間の大まかなスケジュールについて教えてください.

A: 以下のような予定になっています.全てのイベントに全員参加します.

  • 04月:新入生歓迎会
  • 04月:基礎ゼミ開始(〜7月)
  • 06月:卒業中間発表会(9 月卒業生対象)
  • 08月:合同合宿ゼミ(渡辺研究室亀山研究室,関研究室)
  • 09月:新入生歓迎会(9 月入学者対象)
  • 12月:卒業中間発表会(3 月卒業生対象)
  • 02月:卒論・修論発表会 ・審査会
  • 03月:追い出しコンパ

その他

Q: 厳しい(?)ですか?

A: 基本的な約束事の遵守については厳しいと思います.

  • ゼミや打ち合わせの時間や開催を守ることは,最低限のルールです.研究打ち合わせやゼミなどで,事前に欠席・遅刻する場合には,それが明らかになった時点で速やかにメール等で連絡をすることを徹底してもらいます.連絡無しでの欠席や遅刻,または直前になっての連絡は,参加者全員に迷惑をかけます.これまでに,このような学生を沢山見てきました.
  • 研究については,なかなか進捗しないのは常です.ですので,それに対しては寛容です.ですが,その中においても,研究作業や調査をすることは可能です.何も努力をしないことについては厳しく指導します.普段研究を進めていないにも関わらず,なにかの締め切り(卒論・修論締め切り,ゼミ発表,学会原稿提出等)の直前(1ヶ月,1週間前など)になって「どうすれば良いでしょうか?」と他人に助けを求めることが無いようにしましょう.これまでに,このような学生を沢山見てきました.

最後に:研究室生活についての教員の個人的な考え方

  • 研究室に来て,仲間と一緒に研究することをお勧めします.
  • 講義や演習,アルバイト,遊びなどのプライベートの予定がありますが,できるだけ毎日,少しでも研究室に来ることをお勧めします.
  • 必然的に,仲間が居る時間帯に研究室で生活するようになりますので.研究や作業,研究室内業務,突発的な打ち合わせ等の効率的な実施・協調が可能となりますし,様々な情報交換が可能になります.
  • ICT環境が発達した現在では,パソコン一台あれば,どこでも研究を進めることはできます.しかしながら,一人で研究することやモティベーションを保つことは難しいです.なにより研究室の仲間と情報を共有しながら,相談しながら,励まし合いながら研究を進めることは,研究室の醍醐味です.
  • 研究室生活は講義とは異なり基本的に「自由」です.そのため強い「自律性」が求められます.毎日研究室に顔を出すことで,生活のリズムが整い,自律的に研究に取り組むことが可能となります.